タグ別アーカイブ: iTunes

iTunesのGeniusは・・・Genius?

iTunes8 で追加された新機能「Genius」ですが、「Genius は曲 [***] では使用できません。」というメッセージを見たことがありませんか?
実は iTunes Store に無い曲は Genius 機能が使えないんですね。

ストアに無い曲でも使えたら Genius なんですがね・・・

iTunes 8 登場

iTunes 8 が登場したのでさっそく使ってみました。おもな新機能は次のとおり

  • Geniusプレイリスト・Sidebar
  • グリッドビュー
  • 新しいビジュアライザ

「Genius プレイリスト」は、ある曲を選ぶとそれに合う曲をライブラリから自動で選んでくれるというもの。Store のアカウントが必要です。
「Genius Sidebar」は、まだ手に入れてなくて合う曲を iTunes Store から選んでくれるというもの。

「グリットビュー」は、アーティストやアルバムごとにジャケットがグリッド状に並んで一覧できる機能。

「新しいビジュアライザ」は、球体・リボン・光をモチーフとした新しいビジュアライザ。もともとあったものは「iTunes Classic ビジュアライザ」となっています。

Genius は使い込む必要があるようで、ONにした直後はほとんど使えません。
グリッドビューはなかなかよいんじゃないでしょうか。曲名がリストされるより分かりやすいです。

グリッドビューで外装はかなり変化があった iTunes 8 ですが、とりあえず Genius を使ってみたいですね。どれほどの精度なのかな。

iTunesでCD-TEXT

音楽CDには音楽以外にCD-TEXTとして曲のタイトルやアーティスト名などの情報を入れることができます。コンポやカーステレオなど、CD-TEXTの読み込みに対応している機器で再生すると、入れた情報が表示されます。しかし、音楽CDを作るときにCD-TEXTを書き込めるソフトが少ないのが現状です。

そして、CD-TEXTを書き込める数少ないソフトの1つがiTunesです。設定>詳細>ディスク作成 で、CD-TEXTを含めるにチェックを入れると書き込まれます。

ただし、言語設定が英語になる、文字化けが起こる、詳細な情報を書き込めないなどの問題はあります。

CD-TEXT自体はものすごく便利だし今は読み取りができる機器も増えているので、書き込む側が充実してくると、より便利になるのではないかと思います。