WiXでのドライバインストーラーの作り方

WiXはXMLからWindows Installer(MSI)パッケージを作成するためのオープンソースソフトウェアで、リリース元はMicrosoftです。
最近ではWiXでインストーラーを作っているソフトウェアもちらほら見るようになりましたね。

インストーラーの作り方はWiX チュートリアルを見ればだいたいわかります。
そのWiXでデバイスのドライバをインストールするパッケージの作り方をメモしておきます。

まず、WiXをインストールしたディレクトリの中の「difxapp_[x86|x64|ia64].wixlib」と「WixDifxAppExtension.dll」が必要です。
wixlibの方はターゲットのアーキテクチャに合わせてください。
上の2つのファイルをVisual Studioでは参照設定に追加し、CUIで使う場合はLight.exeで適切にリンクします。

そしてドライバーファイル(inf)が含まれているコンポーネントの子要素としてを追加します。

基本的にはこれだけでドライバをインストールしてくれます。
指定できる要素はDriver Element (Difxapp Extension)を見てください。

これで簡単にドライバインストーラーが作れます。